Suhr Modern Antique 80's SHRED Tiger Stripe 東京都港区にて出張買取

今回はいわゆる「コンポーネントギター」がテーマです。
通販サイトなどでよく「コンポーネント/ハイエンド」のように併記されることが多い印象ですが、
それにより「コンポーネントとはイイものだ」みたいなイメージを何となくお持ちの方も多い事と思います。
サドウスキー(Sadwsky)やサー(Suhr)、国内ではドラゴンフライ(Dragonfly)やコンバット(Combat)、フジゲン(FUJIGEN)などが有名ですね。
アーティストのバックバンドやスタジオミュージシャンなど、ウマさで勝負するプレイヤーが使用することが多く、
ウマいヒト向けの高性能ギターというイメージを持っている方も多い事でしょう。
 

Sadowsky Carve Top

Sadowsky Carve Top 東京都武蔵野市にて出張買取

 
COMBAT GUITARS Explorer BASS

COMBAT GUITARS Explorer BASS 埼玉県戸田市にて出張買取

 
Suhr Modern Antique 80's  SHRED Tiger Stripe

Suhr Modern Antique 80's SHRED Tiger Stripe 東京都港区にて出張買取

「そもそも論」は多くの場合ナンセンスですが、
そもそも「コンポーネント(=compornent)」とは「部品」のことです。
部品と言えば「パーツ(=parts)」ですが、「パーツ」はネック一本、トレモロシステム一式からビス一個、
スプリング一本、配線一本まで、単体では機能しえないものまでの総称です。
一方「コンポーネント」はその中のネック、トレモロシステム、ピックアップ、可変抵抗器、ペグなど、それぞれ機能がある部品のことを称します。
ギターはいろいろなコンポーネントの集合体なので、本来いちいちコンポーネントギターだなんて言わなくてもいいはずです。しかしながら、調整や組み込みに技術を発揮するリペアマンが社外製のコンポーネントを仕入れ、「自分ブランド」のギターとして販売している楽器。
これを便宜上「コンポーネントギター」と呼ぶようになりました。
 
サドウスキーはネックやボディなど木工も外注、塗装は別の専門業者に依頼しており、
ピックアップも特注、その意味で「コンポーネントギター」の草分けだと言っていいでしょう。
しかしながらいつからかこの「コンポーネントギター」という名称が、「スタジオミュージシャンが使いそうなスーパーストラト」という意味で使われるようになっています。
ジェームス・テイラーやサー、トムアンダーソンなどは木工まで自社で行ってるので、そもそもの意味では「コンポーネントギター」と呼びにくいでしょう。
 
とはいえ、似たようなルックスのギターを2本並べて「このギターは社外品を組み合わせて作っており、
このギターは全て自社の部品でできている」だなんて、それこそ意味があるとも思えませんよね。
だから、「コンポーネントギター」といったら「スタジオミュージシャンが使いそうなスーパーストラト」で、
「ハイエンド」と言ったら「セットネック形式も含めた高性能ギター全般」という解釈でイイと思います。

Follow me!

おすすめの記事