練馬区より、FUJIGEN/CUSTOM HOUSEのショップオーダー品【NCST-Premium】の入荷です。
 
まず、目に付くのが、キルトメイプルに“イグアナ・バースト”と呼ばれるカラーリングです。
 
fujigenCUSTOM

カッコイィ~ですね。。
 
このギターは、木材のキャラクターが強く得られるホロウ構造で、トップはキルト/ハードメイプル、 バックに大変希少価値の高いホンジュラス・マホガニーを1ピースで使用しています。 さらに、ダブルロックトレモロ搭載という禁断の改造が施されており、 なかなか出て来ない仕様のギターだと思います。
 
使用されているフレットは、“DiMarzio Wide-Oval”というフレット材で、 通常品の国産フレット(SBB214)と比べ、やや大きめ・太めのフレットで、硬さもある材料ですが、 不思議と重くなく、また大きめなフレットにありがちな、キンキンとした金属っぽさがなく、 カラッとした音色が持ち味で、耐久性、サウンド、適度なミディアムサイズの形状など、拘りのフレット材です。
 
ピックアップは、Seymour DuncanのSH-1n/SSL-1/SH-6と言うレイアウトです。 ディストーション(SH-6)は、ハイパワー、ハイゲインでグワングワンに歪みますが、 収拾がつかない程に暴れる感じでは無く、弾き方によって統制がとれる、制御された荒々しさといった感じです。
 
とにかく全体的に特殊で、「FUJIGEN CUSTOM HOUSE」入魂の、とても希少なプレミアムギターです。
 
めったに出てこないギターですので、お見逃しなく!!

Follow me!

おすすめの記事