フジゲンが製造していた事で知られている、ANBOYの【RE-20】タバコサンバーストです。
_DSC0007

 
タバコサンバーストですが、何故かラベルの型番末尾がNになっています。 印字ミスだと思いますが、この時代では、そう珍しくは、ないのかな?
_DSC0003
 
パーラーサイズのミニギターですが、レギュラーの弦長なので、結構音量もあります。 チューニングもレギュラーでOKです。 私は、最初「ADGCEA」で合わそうとしましたが、あまりの弦の張力にビビッてしまいました。 弦が張力で切れる事ほど恐いものはないです・・・
 
学生時代、ベースギターを1オクターブ上で間違えてチューニングし、 張力で「バ~ン」って、切ってしまったことがあります。 心臓が止まるかと思いました。そして、痛い・・・それ以来、トラウマです。
 
私は、音感が悪いらしく、未だにチューニングにはチューナーを使います。 若い人は、なるべく自分の耳で合わせましょう。。重要なことです。。 私は、もうあきらめて開き直っていますが・・・
 
さて、話を戻して、、
 
この【RE-20】はバックがファイバー製で、オベーションちっくですが、 箱型の形状をしているので座って弾いてもズリ落ちてきません。。 オベーションのラウンドバックやボウルバックは、ズリズリしてきて結構いらっとするのですが・・・
 
音は、やはりオベーションっぽく普通のアコギの生音ではありませんが とても良く響き、PUを通したようなジャリジャリのいい音がします。 そして、弾きやすくパワーストロークのプレイにも答えてくれます。音量はさすがに控えめですが・・ この当時のフジゲン製の造りの良さでしょうか、気に入りました。
 
アウトドアに持ち出しても良いですね。。

Follow me!

おすすめの記事